悩みをドンと解決!

お悩み相談と解決方法をまとめるブログを作っていこうと思います

絵を描く仕事についてはいけない理由

自分がパソコンで絵を書き始めて10年くらい経った、それ以前は漫画家を目指していた黒歴史もある(涙)
絵を書いて生活できるくらい稼いでた時もあった
そんな自分が思うのは、「絵を描く仕事を辞めたほうが良い」ということ
なぜ「絵を描く仕事は辞めたほうが良いのか?」理由を書いていきます

年を取ったら稼げなくなる

絵を描く仕事というのは、稼げるのは若い時だけだと思う、年をとると辞めていく人が多い
若くて売れっ子の漫画家さんやイラストレーターさんが、30才、40才と年齢が上がっていくと、気づいたら消えている事は多い

なぜ消えるのか?

それは「流行についていけなくなった」からでしょう

年をとると新しいものや流行が頭に入って来なくなってきて、やる気が起きなくなる
もっと正確に言うと、拒否反応を起こして絵が書けなくなる

自分の場合は、2010年くらいから絵を書くのが嫌になった
この頃、京アニやラノベ風の絵が流行ってきた、そういうのに自分はついていけなかった

90年代のマンガやアニメで育った自分からすると、2010年ごろからの時代の変化が受け入れなくなった
時代の変化に拒否反応を起こして、絵を書くやる気が落ちて・・・今では全く書けなくなった

年下に勝てない

どんな人も時間が経つと、衰えて能力が落ちて来る

能力が落ちて来ると、当然、稼げなくなってくる
そして、年下の若者に負けてしまい消える人も多い

少年ジャンプ漫画家とか、良い例だろう
若い新人が出てきて、ベテランの漫画家は追い出される

30代になると、若い頃のようなやる気や頭の回転力がなくなる
年下に勝てなくなる

ネットで叩かれやすい

絵を書く仕事は目立つので、ちょっとしたことで、ツイッターや2chでものすごい叩いてくる人もいる

そういう人が相手だと絵を描く仕事はつらいと思う

マンガ、アニメ、イラスト、とか、そういうのにお金を出してくれるのは若い人が多い
しかし、若い人の中には口が悪く攻撃的な人も多い

自分はここ数年くらい、ほとんど絵を書けなくなった
書けない原因は、2chで些細なことで叩かれて、それを気にして書けないからだ

しかし、本当に絵を描く仕事がしたいのなら、ネットで叩かれてもへこたれない強い精神力が必要だろう

競争が激しくなった

自分は2010年位はパソコンで絵を書いて、月数十万くらい稼いでた
しかし、今は全く稼げる自信はない

それは、あの頃に比べて、今は絵が上手い人が多いからだ
2013年くらいに、クリップスタジオというお絵かきソフトが出てから、絵が上手い人どっと増えた気がする

そういう業界のレベルアップについていけなくなった
自分が昔に稼げていたのは、まだパソコンで絵を書く人が少ない時代だったからだ

今みたいに、パソコンで絵を書く人が多い時代では全く稼げる自信はない